最新のブログ記事

私は学生時代に真珠腫性中耳炎という病気を患い、39歳になった今も定期検診に耳鼻科に通う日々を続けています。
3年前のある日耳の後ろのリンパ節が腫れて、大きく膨れ上がり、MRIを取ったところ、膿がたまっていることが判明したのです。
しかし真珠腫性中耳炎とは別のもので、関係性はなく、原因は分からないとのことで、抗生物質を飲み続け、耳鼻科に毎週、耳垢を取りに行くという生活が始まったのです。

耳垢をとるには、耳鼻科のベッドで横になり、耳に液体の薬を入れ、耳垢を柔らかくしなければならなかったのです。
...

レーザー光をヒトの体内に当てると、大半は皮膚で反射されますが、一部は組織内に入っていきます。
例えば腎臓や尿管などに生じる結石を、レーザーを用いて手術なしで砕く技術は長らく用いられています。
また、レーザー光は、組織に届く深さや活性が波長で異なることが知られています。
例えば、結石を砕く波長は504nm(ナノメートル)付近なのに対し、疼痛治療に有効な波長は810~830nm、凝固止血では1064nm付近である、などです。

近年、コンピュータ技術の発達などにより、一定の波長や周波のレーザー光を小型の機械を使って発射する技術が著しく進歩しています。
このことから、片手で持てる家庭用レーザー治療器を、筋肉の痛み緩和やアレルギー治療などに用いることも盛んに行われています。

...

最近、ミニマリストと呼ばれる人たちのブログを読むのに夢中になっています。
ミニマリストというのは無駄なものを排除してシンプルに暮らしいている人たちのことです。
極限まで無駄なものを排除して部屋にテーブルすらないという人もいれば、テーブルなどといったものだけはきちんと残している人まで様々です。

ものを購入するときの自問自答も面白いんですよ。
なぜそれが必要なのか?と常に問いかけて生活しているようなんです。
それは、無駄なものを買わずに自分にとって本当に必要なものだけを買うためですよね。
ですので、身の回りにあるものすべてが彼らにとって意味のあるものなんです。
わたしにはできない生活だなと思いながらそういうことが書かれているブログを読んでいます。
彼らの生活から学ぶことは多いんですよね。